2018年06月15日

車を高く売る方法について

車を売る方法について

車を売ることを決めたら、車の売却先を検討することと思います。

車を売却する時に、買取業者へ直接持ち込みをする人が非常に多いのですが、車を少しでも高く売却するためには、買取業者へ持ち込みをした1社のみで決めてはいけません。

様々な買取業者へ査定額を出してもらう事で、少しでも高く車を売却することができますし、買取業者とのやり取りでも、高く売却できるように交渉することも可能です。

ちょっとしたコツを知っていると、数万円でも車を高くすることができる場合もあります。

人気がない車種であっても、年式が古くても、故障車であっても、買取をしてくれる業者はありますから、様々な買取業者を比較してから買取業者を決めましょう。

買取業者の中には、悪徳業者も存在します。

売り手が素人であるのに対し、買取業者はプロですから、様々な知識を持ち出し、車の査定額を低くしてくるような場合もありますから、信頼できる買取業者へ買取を依頼することも大切です。

中には、査定額を提示しておきながら、実際に売却をする時になると、査定額から減額して、買取されてしまうような場合もありますから、車の売却で少しでも損をしないように、悪徳業者に騙されてしまわないように注意し、車の売却を進めましょう。

車の売却は一生のうちに何度も行うわけではありませんから、知識がないまま売却をしてしまう人が多いのですが、様々な情報収集を行いながら、売却を進めるようにしましょう。

車を売るために必要な書類とは

車を売ることが決定したら、書類集めを開始しましょう。

車の売却に必要な書類としては、自分自身で手続きをする場合と、買取業者が手続きをする場合とで、若干の違いがあります。

買取業者へ依頼する時に必要な書類は、車検証の他に、印鑑登録証明書、自賠責保険証明書、自動車納税証明書や、リサイクル券、などが必要となります。

店舗が用意した委任状への記入と、契約書や譲渡証明書に記入、捺印をする事になります。

手数料として、3万円程度かかるとしている買取業者が多くなっています。

自分自身で個人に売却をした場合には、上記の書類を用意し、自分で名義変更をすることになりますが、店舗ではないため、委任状や、譲渡証明書などは自分で用意しなければいけません。

個人売買の場合には、買い手となる人の車庫証明書が準備できるかを確認しなければいけませんし、その後の申請の手続きなどは買い手側がすることになります。

費用としては、3千円程度で済みますし、それほど面倒な作業にはならないとされています。

個人売買の場合には、その後のトラブルを避けるため、現状維持の状態で納得をしてもらうことを前提とし、後から気が付いた場合の傷などに対しては保証はないということをお互い承知した上で売却を進めるようにしましょう。

必要となる書類を集めた上で、売却を進めると、それだけ早く契約が進みますから、少しでも早く現金を手にしたい場合には、事前に必要書類を準備しておくと良いでしょう。

その場合には、印鑑証明書の期限に気を付けましょう。

 

ズバット車買取比較

かんたん査定ガイド

 



同じカテゴリー(高く車を売る)の記事
Posted by 中古車査定車検マン at 22:56│Comments(0)高く車を売る
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。